難聴亭日乗

つれづれなるままに その日ぐらし

10/28 クォンタムドールズOSAKA 夜公演

 

世界を守る戦士たちフレイア。世界を破たんに導こうとする秘密結社バチェラー。二つの勢力は世界の命運を決める「失われた九柱神」を奪い合う。
フレイアの新人戦士、安良木明里は九柱神のひとつランドグリーズと出会い、彼女を守ることを決意する。
果たして明里は世界を守ることができるのか?

 

最初にあらすじを読んだとき、なにがなんやらという感じで、観に行ったとして理解できるのか不安だった。

舞台『クォンタムドールズOSAKA』、iDOL Street研究生、OSAKAラピラーズ横野すみれの記念すべき舞台デビュー作である。

 
f:id:pa39krytmy:20161101021919j:image

 

私はすーちゃんのことを長く知っているわけではない。この夏、ストリート生の選抜ユニットさますとを見て知った。そんな後追いのファンにはありがたいタイミングで、すーちゃんがブログで質問募集をするにあたり、改めて自己紹介を載せてくれていた。

 

質問募集の前に


横野すみれの自己紹介をしとくねキラキラ

 

音符ラピラーズの紫担当、高校1年15歳

音符平成12年(2000年)12月12日生まれ

音符血液型:A型

音符出身:大阪

音符好きなもの:抹茶.リトルマーメイド.アイドルさん.ロバートさん.メイク.料理.ダン

音符苦手なもの:きのこ.虫.腹筋

音符将来の夢:女優さん(演技の勉強も頑張ってます◎)

質問募集( `・ω・)イェイ /横野すみれ|OSAKAラピラーズ(iDOL Street Student)オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

将来の夢は女優ということで、私も目標とする女優を質問してみたり(満島ひかりさん、石原さとみさん、井上真央さん、安藤さくらさんが特に憧れなのだそうだ)、彼女のこの夢についてとても興味がわいていた。

「今いちばんやりたいことを教えて」という質問にも、「舞台がやってみたい」と答えていたすーちゃん。

いつか夢に一歩近づけるといいな、舞台か、いつか決まったらその時は楽しみだな、なんてぼんやり考えていた矢先だった。

 

なんとっ!


横野すみれ、


アリスインプロジェクトさんの


舞台 クォンタムドールズOSAKA

に出演することが決定しましたキラキラキラキラ

 


ねえラブラブ!!!


めちゃめちゃ


うれしい!!(*´`)

 

 

いつもブログ見てくれてる方は分かると思うねんけど

 

 

この間の質問コーナーで


今いちばんしたいことは舞台!
将来の夢は女優さん

って書いたよね

 

 

その後、すぐにこのクォンタムドールズへの出演が決まりました(>・<。)ラブラブ

 


夢は口にするものですね(∩´・`∩)

ほんまに幸せです◎キラキラ

すみれからお知らせ!※絶対読んで(・・・*)/横野すみれ|OSAKAラピラーズ(iDOL Street Student)オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

突然の舞台出演の知らせ。これは是非とも観たい、ということで厳しい日程ながらも都合をつけ、28日の夜(風組)公演を観に行ってきた。

 

 

f:id:pa39krytmy:20161031213621j:plain

 

 

事前に読んだ物語のあらすじは先に述べたように呑み込めず、開演直前までは楽しめるのか正直不安だった。

開演して間もなく「フレイア」や「エインヘリアル」、「エンゲージ」などの用語が次々と飛び出し混乱したものの、物語に入り込むのにそれほど時間は要さなかった。

 

すーちゃん演じる草間玲は、この物語唯一の普通の人間である。観客は、戦いの世界に迷い込んだ玲と共に、あらゆる要素を急ぎ足で理解していく。玲は、物語とわれわれ現実とに橋を渡す、重要な役だった。私がすんなり世界観を呑み込めたのは、そんな玲をすーちゃんが巧く演じられていたからだろう。

 

f:id:pa39krytmy:20161101021648j:image

 

玲は特殊な能力を持っているわけでも、なにか武器を使うわけでもない。チェーンソーや刀を振り回したり、機関銃を乱射するような派手なアクションのキャラクターたちのなかで、観る者の印象に残るよう演じるのはなかなか難しかったと思う。

細かな表情だったり、セリフに込める感情、彼女が役に魂を吹き込むための努力を日々のメールやブログで知っているからこそ、舞台でイキイキと輝く草間玲に、私は深く感動した。

 

 

 

草間玲を中心に観てはいたが、ほかにも魅力的なキャラクターが盛りだくさんの舞台だった。

特にお気に入りなのが鞍馬兎子。無邪気で不器用なところが愛らしい。黒原優梨の好演も光った。

 
f:id:pa39krytmy:20161101021729j:image

 

悪役のアーデルハイドと、そのエインヘリアルであるリデルの関係性も良かった。ハーピィとバーブラにしてもそうだが、フレイアと一蓮托生のエインヘリアルという関係が悪役によって一層強固に感じられたのはなんとも悲しい。

悲しいが、美しい散り様だった。

 

 

まだまだ咀嚼し足りないので回数観たかったな。キャストの成長や変更による変化も楽しみたかった。と、うだうだ言ってしまうくらい夢中になれた舞台だった。

すーちゃんも素敵な仲間たちと貴重な経験が出来て本当に良かった。また舞台で輝く彼女が見られる機会を心待ちにしている。


f:id:pa39krytmy:20161101021938j:image