難聴亭日乗

つれづれなるままに その日ぐらし

11/12 わーすた 完全なるライブハウスツアー2016 ~猫耳捨てて走り出すに゛ゃー~ 兵庫公演

 

愛知公演からあっという間すぎて、実感わく暇もないままやって来た地方最終公演。実感わかなかったからと言って、前夜から当日朝の9時まで飲んでいいという道理はない。

最悪のコンディションへと仕上がってしまった身体を引きずり、会場である神戸SLOPEへと向かう。

 

f:id:pa39krytmy:20161114200030j:plain

 

今回の地方ツアーでは最大規模(キャパ400人)である今回の会場、当日券は出ていたものの超満員。息苦しく感じられるほど、これまでで一番の詰め込み具合。一刻も早く空気を吸って始めたい状況を耐え忍ぶ。

 

 

兵庫公演セットリスト

1.完全なるアイドル

2.ワンダフル・ワールド

3.らんらん・時代

4.ぱわわわわん!!!パワーパフガールズ

5.グーチョキパンツの正義さん

自己紹介MC

6.NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2

7.好きな人とか居ますか(廣川・三品)

8.にこにこハンブンコ(小玉・坂元・松田)

MC

9.ちいさな ちいさな

10.キミ恋てれぱしー

坂元MC

11.約束だから

12.いぬねこ。青春真っ盛り

13.うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ

 

EN1.ワンダフル・ワールド

 

 

1曲目『完全なるアイドル』イントロから弾ける坂元葉月の笑顔に、体調不良も酸素不足も忘れて見入る。

2番サビ前のはーちんソロパート、いささか力が入りすぎてしまうきらいのある部分なのだが、これまで聴いてきた中で一番と思われるくらいキマっていた。地元でのライブに対する緊張より、楽しいという気持ちが上回っていたからこその歌声だろう。そういうところがとても彼女らしい。

 

無事に『ワンダフル・ワールド』で空気を吸って全回復。続く回替わりの曲は『らんらん・時代』と『ぱわわわわん!!!パワーパフガールズ』、この組み合わせは広島公演と同じ。勝手に『Doki Doki today』がくるものだと思っていたので、少しがっかりしたのは秘密。

 

『グーチョキパンツの正義さん』は、いまではすっかり盛り上がる曲に育っている。

前日HMV三宮でのリリースイベントでも、はーちんの希望によりセットリストに組まれていた。曰く、「好きで嬉しい曲」なのだそうだ。そんな嬉しさ溢れる落ちサビの「君と~僕とで~」は、私もお気に入りで、ここは絶対はーちんじゃないと!と朝まで熱弁必至なパートである。

 

 

自己紹介MCを挟み、続くは『NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2』

最初あまり印象に残らなかったこの曲も、だんだんとクセになってきて、自然に口遊む曲のかなり上位につけてきた。振付も楽しい。コールもだんだんと増えてきたが、個人的にはあまりガチャガチャさせずに聴きたい。

 

大好きな『好きな人とか居ますか』では、いつもなら廣川奈々聖の歌声にばかり注目してしまうのだが、この日は三品瑠香の、なんと言えばいいか、噛みしめながら歌うような深みのあるボーカルに魅了されてしまった。やっぱり瑠香はすごい、と今ツアー期間中でも何度思わされたことか。

『にこにこハンブンコ』は、小玉梨々華の落ちサビが、今回私が参加したどの公演よりも安定して聴けた。飾り気のない透明で真っ直ぐな歌声、好きだなあ。わーすたの楽曲プロデューサー鈴木まなかがインタビューで「成長すればバラードも歌い上げれるような声質を持っている」と語っていたが、いつかその声質を存分に味わえる曲が聴けるのを楽しみにしたい。

 

f:id:pa39krytmy:20161115193716j:plain

 

 

そして後半セットリスト、『ちいさな ちいさな』この曲は毎回うるっと来てしまうのだが、この日は出だしからなっちゅんの歌にやられる。こんなに優しく歌えてたっけ。まだまだ背伸びが必要な曲だと思っていたけど、なっちゅんはもう摑みかけてるんだな。

ついこの間メールで、夜に音楽聴くときは歌詞しっかり見ながら聴くから考え込んでしまうのだと送ってきてくれたが、この曲のことも幾度となく考えてきただろう。だからこそ出せた優しさ、楽曲がスッと沁み渡るようだった。

そのくらい良かったので、ファンに願うならば2番Aメロは、歌声を楽しみたいのもあるが、サビとのメリハリとしてもクラップは控えてほしいと思った。

 

 

よくメンバーが「エモ」と言う、あの感情に包まれた会場が、次曲で一気に爆発する。

『キミ恋てれぱしー』と紹介した瞬間、言葉にならぬ「待ってました」が叫び声になって飛び交い、会場が揺れる。イントロで入るチキパのMIX、会場後方では走りに走り訳もわからない状況。

ふっと我に返れば、はーちんが歌っている。その声、その表情、その動き、すべてから「嬉しい!!!」と伝わってくる。

 

いつもね!!
その地元のメンバーの思い入れの
強い曲を披露してるねんけど!!!


キミ恋てれぱしーを
パフォーマンスしました✨✨

 

この曲はCheeky Paradeが結成して
iDOL Streetの研究生のストリート生が
全員で7人しかいなくなった時に
頂いた曲なんです😍😍😍

このキミ恋てれぱしーと
りあるマテリアルの2曲を
この時に頂いたんです!!!!


だから りあるマテリアルが
GEMの曲みたいになってるのは
内心 寂しかったりしてるww

 

まぁ!!!
その代わりといったらアレやけど
葉月はキミ恋てれぱしーで
落ちサビを歌わせて頂けて(;_;)(;_;)


大好きな曲でもあり
たくさんの方から葉月といえば!の
曲になってるのが嬉しいです💕💕💕


なので今回のツアー神戸では
キミ恋てれぱしーを
披露させていただきました( ˙࿁˙ )✨


多分ね知らない方も
多かったと思うんやけど
たくさんの方に聞いてもらえて
ほんまに嬉しかったです(;_;)(;_;)(;_;)


落ちサビ緊張したーーー。

これが初めて聞くキミ恋の方も
たくさんいるって考えるだけで
もうドッキドキよね(笑)

上手く歌えたか分からんけど
とりあえず楽しかったです☺️💭💕

わーすた - 坂元葉月*神戸最幸*581 - Powered by LINE

 

以前ブログに、スト生曲で一番好きなのは『りあるマテリアル』と書いていたので、思い入れのある曲を選ぶのだとすれば、そっちもあるのかなと思っていたが、ここはやはり、はーちんのイメージが強い『キミ恋てれぱしー』を披露。待っていたファンも多いだろう。私も、この曲が特別大好きなので嬉しかった。

 

そう、ここ神戸で、わーすたの坂元葉月が歌う『キミ恋てれぱしー』が聴けて、本当に本当に嬉しかったのである。

2期生としてストリート生入りしたはーちんは、なかなか順風満帆とはいかず、長い期間研究生として活動してきた。当時を回想したブログを引用する。

 

まぁ葉月は 2011年10月に
iDOL Streetのストリート生になって
ずーっと活動してました!

もちろんその時期を知らない方もいて
当然の事なんですけど
色々と上手くいかなくて
結果 2011.10.3~2015.3.28まで
約3年半 研究生的なところで
活動してて、、、


途中何度も次で辞めよかな、
普通の高校生になろうかなって
思ってた時期もあったし

1度は もう次ダメだったら
辞めます!まで言ったこともあります。


けど 結果それもダメで
ステージから降りた時に
そんなん思うような人じゃないのに

ブログにこう書いたねん。


『でも葉月は次のチャンスが
あることを信じて精一杯
ストリート生として頑張ります』


ゆっちゃったー。笑

まぁこれは もちろん本心だし
逆にここで辞めてたら絶対後悔するから
続けて正解でした✨✨✨

わーすた - 坂元葉月*ワンマンライブpart②*327 - Powered by LINE

 

この回想はまだまだ続きがあるのだが全文引用は控えた。しかし最後まで素晴らしい内容であるので、ぜひ読んでいただけたらと思う。

 

一度は諦めかけたものの、折れずに次のチャンスを信じて、ストリート生を続けられたのは何故か。ステージを降りた時、彼女はいったい何を思ったのか。答えは簡単で、それはこの日のステージにも満ちていた。

billboardのインタビューで、はーちんはこんな風に語っている。

 

坂元葉月:「楽しければいい」っていう人なんです。スト生をやっていた時も、インタビューやファンの方から「何でそんなに続けてられるの?」「オーディションに落ちて悔しいって気持ちはないの?」って訊かれることが多かったんですよ。もちろんその日は悔しいんですけど、寝て起きたら忘れてる(笑)。

辞めようかなって思ったこともあったんですけど、ステージに上がることは楽しいから続けてたら、わーすたに選んでもらえてずっとステージに立っていられている。ふたりの歌が本当に大好きですし、音楽があって幸せな空間の中で踊れて、ファンも観てくれて、煽ったら応えてくれる。パフォーマンスをしている時間が活動の中で一番好きかもしれないです。

わーすた『完全なるアイドル』インタビュー | Special | Billboard JAPAN

 

「楽しい」この感情に尽きるのである。何度も壁にぶちあたり続けてきたはーちんは、それでもひたむきに楽しみ続けた。そして今では、わーすたの坂元葉月として、満員の会場に楽しさを届けている。

今回のツアーは、各地それぞれが異なった雰囲気を持っていた。各地元メンバーの色が濃く映っていた。ツアー神戸が熱すぎるくらいの盛り上がりを見せ、楽しさが突き抜けた公演となったのは、紛れもなくはーちんの地元だからだろう。

 

f:id:pa39krytmy:20161115193611j:plain

 

 

個人MCまではなんとか涙を堪えられたが、やはり『約束だから』に続かれると決壊してしまう。完璧な流れだなあ。

福岡公演の感想で私は、これは「このツアーで完成していく曲」だと書いた。この考えは正しかったと、地方ツアーが終わったいま確信している。

各メンバーの青春の日々の追憶を拾い集め、大変な曲になってしまった。今ツアーで最も重要な意味を持つ曲であり、東京ファイナルではどう聴けるか、一番楽しみな曲でもある。

 

f:id:pa39krytmy:20161115193422j:plain

 

 

いぬねこ。うるチョコとラストスパート盛り上げて本編が終わり、アンコールは二度目の『ワンダフル・ワールド』

二回目やるとしたらこの曲がやはり一番である。そして、この日の公演の終わりにはぴったりだったように思われたので、今回は文句なし。

喉を傷めるくらい声も出せて、地方最終公演しっかり走り切れた。

 

f:id:pa39krytmy:20161115195520j:plain

 

 

ツアーは東京公演を残すのみとなった。しかし、やはり東京は東京、別なのである。

地方公演が終わってしまった寂しさに、途方もなく打ちひしがれる。こんな気持ちになったのはいつぶりだろう。それくらい夢中になれたツアーだった。

書きたいことはまだまだあるのだけど、うまく纏まらないし、そんな文章をぐだぐだと書いても仕方ないと思うので、最後に公演後の瑠香のブログを引用して終わりたい。

 

あんなにツアー遠いな~~てなってたのにもう地方ぜんぶおわってる、、、

 


なんで(;_;)

 


こんな早く感じるてというか早いとかのレベルじゃないぐらいの感覚で終わったの、ほんとめちゃめちゃ楽しくて最高だったからなんだよ~~~~~~

 

 

全部ソールドアウトで会場いっぱいに人がいて、熱気やばくて、
ライブ終わるたびにみんな楽しかったっていってくれたりするのほんと幸せなんだよ~

 


熱かったりあったかかったり
わーしっぷ素敵ね~

 

f:id:pa39krytmy:20161115201357j:plain

 

どのライブもめちゃめちゃ楽しかったし本気で楽しんでたし
みんなもすごい声出してくれたし、どうしよう
さいこうでした

 


あとはファイナル東京なんだよな~、

 


ツアーですこしわーすたもパワーアップ出来たんじゃないですかね!!!!

 


ツアー終わりのまとめとしてここまでのわたし出したいと思う
ちょっと言葉むずかしい(;_;)

 


本気だしてくぞ、

 


いやほんと、まだ東京あるけど、地方いっぱい集まってもらえて、わーすたについて来てもらえて伝えきれないぐらいの感謝がいっぱいなの
ありがとう

 


こんな幸せな気持ちになっちゃってもう寂しすぎてやばいし、
書きたいこととかみんなに伝えたいこと多すぎて文章にまとめれないからどうしようもないんだけど、
感謝の気持ちだけ伝われば(;_;)

わーすた - 三品瑠香【神戸本物の神でしたあり!!!】581 - Powered by LINE

 

 

こちらこそ最高のツアーをありがとう。本気見に行くぞ!!チケットがない!!