読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難聴亭日乗

つれづれなるままに その日ぐらし

1/28 わーすた定期ライブ わーすたランド わ-4

 

方向音痴の田舎者には高難易度の街、横浜。

ツアーファイナル以来、久しぶりのわーすたライブで浮足立っていた私だから、元町からタクシーを使っていなければ確実に迷って昼のチケットを海に抛り投げることになっていただろう。

 

会場は横浜ベイホール。1000人以上入ると聞いていたのが、いざ入場してみると思ったより狭く感じたのは構造の問題か。横に広かったのだが、とにかく柱が邪魔だったので横のスペースから観る客は少なかった。私も、前方ブロック中心へ、一番後ろになんとか入り込む。

 

 

セットリストは坂元葉月がブログに載せてくれているものを引用する。

まずはいちぶのせとりー!!!!!!!

ひらがなやとよみづらいー!!!!!!

 

 *今日のセトリ(昼)*

Overture
ゆうめいに、にゃりたい。
いぬねこ青春真っ盛り
グーチョキパンツの正義さん
スイカ割り
ーーーMCーーー
Doki Doki♡today
にこにこハンブンコ
ワンダフル・ワールド
ーーーmovieーーー
NEWにゃーくにゃくにゃ水族館2
Zili Zili Love
好きな人とか居ますか
らんらん・時代
ーーーMCーーー
完全なるアイドル
うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
ちいさな ちいさな
ーーーencoreーーー
ワンダフル・ワールド

 わーすた 公式ブログ - 坂元葉月*わのよん*655 - Powered by LINE

 

『ゆうめいに、にゃりたい。』から始まる今回の定期ライブ。この曲にもかなり慣れてきた。初披露ぶりにライブで観るのだが、単純に踊りはもちろん、坂元葉月公にニャニャーとひれ伏すところ、間奏のパラパラなんかも出来るようになってるとものすごく楽しい。

うるチョコのときや、前回シングルのときもそうだったが、基本前半の衣装が決まってしまうのもあって、やはり雰囲気がガラッと変わる。セトリの組み方も変わってくる。『完全なるアイドル』のときのように、『Zili Zili Love』や『好きな人とか居ますか』のような曲を前半に持ってくるのは難しい。

 

それもあってか、次曲からいきなりの『いぬねこ。青春真っ盛り』、続いて『グーチョキパンツの正義さん』『スイカ割り』とライブで盛り上がる曲で飛ばしていく。

 

 

自己紹介MC、からの曲フリで「横浜の空気をいっぱい吸って、いっぱい声出して」と来たので、うおお『ワンダフル・ワールド』か、ほんとガンガン攻めてくるな、と思って構えていたら、まさかの『Doki Doki today』という不意打ち。高鳴る胸の音にドキドキだったまさに。

前半がそんな感じだったので、ここでじっくりとメンバーの歌声を聴けた。廣川奈々聖の調子がよさそうで、しばらく夢中になっていた。

 

ライブの数日前になっちゅんから届いた、本人曰く深夜のテンションのメールに、私の胸を突き刺した一文があった。彼女らにとってのメールがどれだけ特別かを知っているからこそあまり内容を書いたりしたくはないが、その一文だけは書かせてほしい。

「本気じゃなかったことなんてないもん」

読みながら、そう確言するなっちゅんの姿を思い浮かべた。その表情は笑顔だった。

なっちゅんのいまの「本気」をどうしても感じたい。それが今回のライブの大きな目的になっていた。

 

本編ラストの『ちいさな ちいさな』1番Aメロのなっちゅんパート、歌い終えたあと、溢れ出した優しい笑顔、それはあの時思い浮かべたものに似ていた。

 

f:id:pa39krytmy:20170130165813j:plain

 

 

ほとんど一部で燃え尽きた感もあったのだが、あの曲が聴けていないのもあり、期待しつつ二部へ。セットリスト再びはーちんブログから引用。

 

*今日のセトリ(夜)*
Overture
ゆうめいに、にゃりたい。
Doki Doki♡today
うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
ーーーMCーーー
グーチョキパンツの正義さん
にこにこハンブンコ
ちいさな ちいさな
ーーーmovieーーー
ワンダフル・ワールド
Zili Zili Love
好きな人とか居ますか
らんらん・時代
ーーーMCーーー
完全なるアイドル
NEWにゃーくにゃくにゃ水族館2
いぬねこ。青春真っ盛り
約束だから
ーーーencoreーーー
ゆうめいに、にゃりたい。
うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ

 

二部に関しては、『ゆうめいに、にゃりたい。』からいきなり『Doki Doki today』、うるチョコと、え?もう終わるんですか?といった構成。ちなみにこの時のエクスカリにゃん(中華帽子)、弾かれて転がってきたのを幸運にも拾うことができた。

 

f:id:pa39krytmy:20170130174801j:plain

 

初エクスカリにゃんをしみじみ喜んでいる暇もなく、『グーチョキパンツの正義さん』を全力で踊る。この曲はやっぱり楽しい。

ユニット曲『にこにこハンブンコ』、そして『ちいさな ちいさな』と、このブロックで急激に会場が一体になっていった。

 

この二部の『ちいさな ちいさな』に関しては、もっと書いておきたい。

2番Aメロでなっちゅんが声を詰まらせてしまう。これについては、一部の感想でも書いた通り喉の調子自体はよかっただろうから、一瞬のものだろうと思ったしそういう心配はしていなかったが、ただ彼女はかなり気にする事象だろうなとそこが心配になった。

だが、パート歌い終えて移動するタイミングで、りりかと目が合う。そのときのりりかの微笑みの温かさ、さらに、後ろに居て包み込んでくれるはーちん。

そんな場面を見て、ああ、わーすた好きだな。このグループが、この子たちが大好きだ、と改めて思った。今回のライブは、そんなことを感じさせてくれるものだった。これはわれわれにはもちろん、メンバー自身にも、である。

 

りりかがしばらく体調崩してたけど
昨日は5人でステージに立てて
ほんっとによかった!!😣😊

 

 


良いことなのか
良くないことなのかはわからないけど


私たちも りりかとわのよんクリアするって
決めとったけん
4人になったこと想定したリハーサルなんて
絶対せんかったもん✨(^ν^)笑

わーすた 公式ブログ - 659♩廣川奈々聖 #わのよん クリア🐶🎉🏁🚩 - Powered by LINE

 

こういうときの廣川リーダーはスパッと力強いことを言ってくれる。

直前のりりかの体調不良もあり、「この5人であることのわーすた」を強く感じさせてくれるライブになった。

 

f:id:pa39krytmy:20170130170241j:plain

 

 

本編ラスト、一部では聴けなかったあの曲。『約束だから』

昨年のツアーを語るうえで欠かすことのできないこの曲、ツアー以外のライブで初めてこの曲を聴くことが出来て、とても新鮮だった。良いか悪いか、これまでとは違って、純粋に曲を楽しめた気がする。すっかりわーすたの曲になったんだな、という感動が後に湧き起こる。大好きな曲だ。

 

f:id:pa39krytmy:20170130165935j:plain

 

 

アンコールはタオルが運ばれてくるのが見えたので『スイカ割り』?と思っていたら、『ゆうめいに、にゃりたい。』とうるチョコだった。

最後のうるチョコが昨年夏のノンストップライブを思わせるほど自由で、タオルもここで振り回したり投げたりに使われていた。今回のライブについて、なっちゅんブログから。

 

でも今回はちょっといつもは違う感じの曲並びだったり、2部のアンコールのうるチョコも自由にやってみたり

 


ライブでできることの幅を広げていきたいな〜って思ってたり


新しいアイデアないかな〜って考えたり


今回もすっごい楽しかった(*^_^*)!

 

曲数の問題で、アンコールに本編でやった曲をもう一度持って来ざるを得なかったり、セットリスト組むのが難しいところもあるだろうが、そこをメンバーも考えて工夫してくれているのが嬉しい。

どこにメンバーの意見が反映されているんだろうと想像してみるのも楽しい。本編ラストがそれぞれ『ちいさな ちいさな』、『約束だから』に決まったのはどういう話し合いからなのだろう、なんて考えたり。

 

f:id:pa39krytmy:20170130181639j:plain

 

まだまだ書きたいことはある(とても重要なことを書いていない!)のだが、いかんせんそれはまだよく纏まっていないのもあり、のろまな私としてはゆっくり楽しみたいことでもあるので、考えが変わらなければ、すでに出現している次回のステージのときにでもと思っている。